お国違えば包茎事情も変わる

お国違えば包茎事情も変わる

包茎包茎って、コレ言っているの日本だけなんでしょうか??
実は、欧米には、宗教上の習慣で、「割礼」という儀式を設けている地域もあります。この儀式を終えると、社会の中で立派な一人の男性として見られる、という儀式でもありますが、近年では、医療機関で行わず、宗教上の場所で行うというので、衛生面を心配して、このような習慣を行わないところも出てきています。もしくは、医療機関でカットして、儀式のみ教会などで行う、という分割スタイルも出てきています。このような宗教上の習慣と関係しているかどうかは不明ですが、欧米には、一般的に「包茎」という考えがない、ということもあります。要するに、包茎がない、のではなく、包茎という考えがない、のです。だからして、日本の様に、包茎手術の業界が出てくることもないのです。
ただ、お隣の国韓国では、日本と同じように包茎というものが定着していて、日本と同じように包茎手術を受ける男子が多いものです。こうやって見てみると、お国違えば包茎事情も全く違うという事が良く分かりますよね。日本は、今こうやってオープンに出来るので、どちらかと言えば幸せな事なのではないかな、と筆者個人的な意見として思う訳です。